夫婦善哉

コーポレートサイト

こだわり

これまでも、これからも、法善寺横町の名物です。

大阪の伝統文化を守りたいとの願いから由緒ある「夫婦善哉」を継承致しました。
法善寺水掛不動尊の横に懐かしい佇まいで、なにわの粋と人情を伝え、みなさまに愛されております。

夫婦円満・恋愛成就

「夫婦善哉」は、その名からご想像頂ける通り、カップルで食べると円満になれるという「縁起物」です。それぞれ二椀ずつを召し上がって頂くのが昔ながらの食べ方です。また、惹かれ合う二人が食べると、恋愛が成就すると言われております。

小説や映画で一躍大ブームに

昭和15年、関西を代表する純文学者・織田作之助の小説「夫婦善哉」が発表され、勝ち気でしっかり者の芸者「蝶子」と気弱で道楽者の問屋の若旦那「柳吉」の夫婦物語を描いた物語。この小説はのちに映画にもなり「夫婦善哉」は一躍大ブームになりました。

丹波大納言小豆

丹波大納言小豆

昔は宮中へ献上されており現在でもその希少性は有名です。煮ても腹切れしにくいところから殿中で抜刀しても切腹を免れた「大納言」の役職にあやかり命名されたと言われています。

道南塩昆布

道南塩昆布

北海道道南産天然真昆布を厳選。昔ながらの平釜で柔らかく仕上げた深いあじわいは佃煮昆布の芸術品です。

※店舗は、改装等の理由により一時休業させていただく場合がございますので、ご了承ください。
※営業時間などのお問い合わせについては、各店舗までお願いいたします。